株式会社まぎし建築設計事務所は愛知県刈谷市の建築設計事務所です。建築に関する調査・診断・設計・監理など行っています。
株式会社まぎし建築設計事務所 (株)まぎし建築設計事務所 Home >> すまい >> 大高の家
〒448-0804  愛知県刈谷市半城土町乙本郷139番地1
TEL(0566)78-3224  FAX(0566)78-3225
     


− 大高の家 −










着工前の敷地風景です。



南側には4階建て、北側には3階建てのマンションが建っています。
着工前は駐車場として活用されていましたが、南側マンションの日影をどう避けるか、
また将来計画(身内が隣接して建てる可能性あり)をどう考えるか、を考慮して計画しました。

まず日影シミュレーションを行い、冬至・春秋分時の影の動きをチェック。
そこで配置が決定しました。







一方お施主さんの好みは「家らしい家」。
勾配屋根(寄棟)を希望されていました。

完成後の外観。







1階下屋(げや)にぐるりと屋根がかかっている外観がお好みでした。



上の写真は南側マンションから撮ったものですが、目線をどうカットするかも課題でした。



そこでリビングの外側にインナーデッキを設け、更にその外側にアルミ竪格子ルーバー引き戸を設置して、緩やかに目線をカットしながらも採光・通風は確保するプランとしました。





夜は中が明るいので部屋内が見えますが、夜はカーテンを閉めるので問題なし。
夜、戸締りをしながらも通風が確保できる便利もの。






内側から見るとこんな感じ。





日当たりも抜群です。







外構は奥さまの弟さんが造ってくれました…感謝。





石畳みが続き、玄関へ向かいます。







ホールからリビングに入ったところ。
左側のキッチンは家具で隠しながら、吊り戸棚を設けず開放的にしています。



リビングは動線と交わらないよう奥に、しかしあくまでも家の団欒の中心地なので、奥に行きすぎず家族が集まり易い場所に計画。



ダイニングからリビングを見る。



たてスリット窓の右側にテレビボードを設置する予定。



ダイニングを見返す。



朝の東からの光が気持ちいい場所に。



ダイニングの家具。



小窓にペンダントが映っている。



キッチンからダンニングを見る。





ダイニングからインナーデッキ方向を見る。






デッキ前の空間は動線中心地。
子供がおもちゃを広げて遊ぶなど、様々な使われ方をすることと思います。



お施主さんとのお父様とまぎし設計が知り合い。
とは言ってもお父様には10年振りぐらいに再会しました。
「まぎしさんとこ、住宅やっているの?」なんて会話から始まりました。

見積り依頼の建設会社さんから見積りがUPされる2日前に東北の大震災がありました。
それからは建材が入らない、もしかしたらコストもかなり上がるのではないか…など、お施主さんも施工会社も我々設計監理者もあたふたした日々を過ごしましたが、工期も若干遅れただけでなんとか完成し、コストUPも杞憂に終わりました。

末長くこの家を大切に使って下さい。
Kさんご夫妻、そしてKさんのご両親、ありがとうございました。





株式会社まぎし建築設計事務所
2011 Magishi Architect Office. ALL RIGHTS RESERVED