株式会社まぎし建築設計事務所は愛知県刈谷市の建築設計事務所です。建築に関する調査・診断・設計・監理など行っています。
株式会社まぎし建築設計事務所 (株)まぎし建築設計事務所 Home >> すまい >> 古民家風な家
〒448-0804  愛知県刈谷市半城土町乙本郷139番地1
TEL(0566)78-3224  FAX(0566)78-3225
     


− 古民家風な家 −










着工前の敷地風景です。







東と北は工場に囲まれ、南側は分譲住宅が立ち並んでいます。
お施主さんの家族構成は、お祖母さん+夫婦+2人の子供たち。
そして敷地内にはネコが5〜6匹、住みついています。


南側の外観です。



「古民家風に…」というご希望だったので、外壁のテクスチャー、色合い、役物とのバランスに気を使いながらデザインしました。







手前の縦ルーバーは竣工後、お施主さんが楽しみながらいろいろとやっているようです。





南側には木製デッキを敷きました。







ネコがやってきて、このデッキで気持ちよさそうに日向ぼっこしているとのこと。








建物北側には、雨水貯留タンクもあります。







玄関ホールです。
正面には飾り棚を設け、また左側のスリットにはガラスをはめ込み、裏の手洗いにやわらかな光を届けています。







ダイニングからキッチン方向を見た写真。



キッチンの後ろには、天井まで壁が届いていないスペースに家電カンターや食器棚、ゴミ置場を設け、更にその裏側にはあまり使わない食器などを収納するスペースを設けています。





キッチンからダイニング方向を見た写真。







ここは居間。奥に和室が見えます。



床の中央には縁なし畳を敷き、その周囲はフローリングにしています。





居間の片面には、造り付けの収納を。







先日伺った時は(12月)、こんな感じで使われていました。



ほのぼのした感じで、とてもいいですね。

上の写真で、障子の中央にガラスがはめ込んであります。
実はこのガラス、今まで住んでいたすまいのガラスを切断してはめたものです。







ここは縁側。







和室の片隅に設けた無双窓。







風抜き窓として、和室に似合うデザインとして設計しました。







ここは手洗い空間。



玄関ホールとのスリット窓が右側にあります。

照明器具と手洗い器は、お施主さんがインターネットで購入したものです。
雰囲気よくまとまっています。







お施主さんの「古民家風にしたい」という熱意が設計事務所も施工会社に伝わり上手くまとまった建物になったと思います。

また柱や障子などに塗る柿渋は、お施主さんご夫妻に塗って頂きました。
2回塗り、3回塗り、拭きとり…など、いろいろとご自分で試し塗りを行い、木材の吸い込み度合いをチェックしながら塗装しておりました。
頭が下がります。







また地面に近い柱に塗る、防腐・防蟻材も、お施主さんと我々設計事務所で塗りました。
なつかしい思い出となりました。



(写真は所員の朝倉くんです。モクモクと塗っていました)


最初にお施主さんとお会いしてから10ヶ月で竣工しました。
竣工を急いでいた理由があったので、我々もスピード感を持って設計させて頂きました。
でも10ヶ月でも家創りを十分楽しめましたね。

竣工した時、こんな質問をしました。
「建設会社やハウスメーカーに依頼するのではなく、何故設計事務所に依頼したのですか?」と。

返ってきた答えは、
「デザインの面で不安があり、また建設会社主体となりそうなので、第3者として入ってくれる設計事務所に依頼することに決めました」
嬉しい回答です。

また
「設計料は高く感じなかったですか?」とも聞いてみました。
これも返ってきた答えは、
「高いか安いかと聞かれれば、高いかも知れない。しかしデザインを上手くまとめ、またいろいろな提案をしてくれ、図面もしっかりと施工に支障ないようにまとめてくれる。そして施工業者を指導してくれ、検査もしてくれる。設計料は決して高いとは思いませんでした」

これもまた嬉しい回答です。
と同時に、更に成長し続けなければいけない、と思いました。

更に
「どうしてまぎし設計に依頼したのか?」
と聞いてみました。ちょっとドキドキしながら。
そこでいろいろと答えが返ってきましたが、その際は上手く言えなかったということで、後日手紙を頂きました。



嬉しいことが書いてありましたが、ここでは割愛させて頂きます。

Kさん、すみませんでした…。不躾な質問ばかりしまして。
直球な質問ばかりですが、我々設計事務所が一番知りたいことでしたので。


末長くこの家を大切に使って下さい。
Kさん、ありがとうございました。





株式会社まぎし建築設計事務所
2011 Magishi Architect Office. ALL RIGHTS RESERVED