1000万台の家



1000万台の家も竣工して早や1年。

先日、1年点検に施工業者さんと一緒にお邪魔しました。





外観です。




白い外壁には緑がよく合います。




西側には感じの良い日除けシェードが設置されていました。

西側ということで外壁を凹まして設計しましたが、やはり暑いようです。







ご夫婦共に野菜作りに没頭されているようです。

ナスやキュウリ、ニンジンからほうれん草まで育てているそうです。

以前はアパート住まいでしたので、当然野菜作りは行っていなかったとは

思いますが、野菜作りや庭いじりのことを話している顔は、なんだか幸せそうな

感じでした。




以前、収穫したキュウリやミニトマトを戴きましたね。

その節はありがとうございました。





駐車場廻りもヤマボウシやシマトネリコなどが植わっています。










中に入ってみます。

玄関を開けるとガラスの向こうに植栽が見えます。




息子さん(E君)も一枚。







玄関脇にはシューズクローク。

写真左下は郵便ポストから投入された郵便物が棚にスッと落ちてくる仕組み。







ホールからリビングへ向かう。

脇には造付け家具の棚。




一日に何回も通り、いつも目が触れる場所に、ズラッと本が並べてあるといい

ですよね。

「アレ、何だっけな…?」

となっても、本がすぐそばにある暮らし。





リビングとダイニングを緩やかに仕切る棚も、キレイに飾り付けされていました。

いい感じですねぇ。奥さまのセンスがいいのか、設計のセンスがいいのか(笑)







またまたE君を1枚。




家具の廻りや部屋をぐるぐる廻って遊ぶ息子さん。




でもE君。キッチンに立つ奥さまから、いつも温かく見守られているんだよ!



そしてカメラマン(私)を連れて別室へ。

でんぐり返しなのか、逆立ちなのか分かりませんが何かを披露しようとするE君。




かわいい盛りです。





僕ら設計事務所の人間は、あたりまえですが同じ家は設計しません。

お施主さんと何度も何度も話し合い、このお施主さんであれば、

こんな感じがいいよね、って何ヶ月も試行錯誤を繰り返し、

そして施工者と共に家創りをしていく。

そんな大切な住まいにお施主さんは実際に住んでみて、使ってみて、

机上で打合せしていたことが「良かった」と思うこともあれば、

「ちょっと失敗だったかな…」と思うこともあるでしょう。





(玄関ホールに飾ってあった、かわいらしいミニフラワー(と言うのかな?))



でも1年経って1年点検にお邪魔し、

この家をとても大切に使われていることを聞いたり、感じたり、

「夕方にこの壁に映る影がとてもキレイなのよ」なんて聞いたり、

家族がますます幸せそうなことを感じたり、

子供がスクスク育っているのを見たり、

「庭いじり」の新しい楽しみを、ご夫婦で没頭しているのを見たり、

この家が建ってからご主人は朝早く仕事に行き、なるべく残業しないで

晩ご飯に間に合うように帰ってくることを聞いたり、

そして、「やっぱりまぎし設計さんに頼んで良かった」と言ってもらったり…、


そんな時が最高に僕らの幸せなんです。

Yさんご夫妻、ありがとうございました。












Copyright (C) 2008 (株)まぎし建築設計事務所.All rights reserved. Homeサイトマップ利用規約お問い合わせ