更新日 2015/02/03

引渡し

本日は引渡しです。
真っ白な外壁。廻りにない外観なので目立ちます。




白を基調にしたトイレ。
そこに青色のタイルと黒色の小物でアクセントになっています。




床材を無垢フローリング、カウンターなどを集成材として
木に囲まれているような雰囲気です。
既製品の床よりも無垢は温かみや柔らかさを感じます。
照明も目立たず落ち着いた空間になりました。




2階のこども部屋です。
将来的に2室に分けられる様な構造になっています。
壁は一面の色を変えて変化をつけています。




お施主さんと初めてお会いしたのが平成25年の12月。
それから9ヶ月かけて土地の取得 、さまざまな設計内容の打合せや
見積り等を経て着工。そして6ヶ月の工事期間を経ての竣工。
それを一緒になって創らせて頂けたことに感謝いたします。
本当にありがとうございました。




更新日 2015/01/19

外構工事

竣工に向けて いよいよ大詰めです。
外構工事が今週から始まりました。周囲のブロックを積んでいます。




両面化粧のコンクリートブロックを2段積みにします。
将来フェンスを立てられるように2m間隔で穴を空けていきます。




内装のクリーニングも終わり畳が入りました。
い草の良い香りが周囲を包みます。
今まで床は養生(マスキング)されていて見えませんでしたが、
それも外され 床、カウンタ、畳等が姿を現しました。




2階の床はパイン材としました。白っぽいので部屋がとても明るく感じます。
パイン材は柔らかく凹みやすいですが、足ざわりも良く、夏涼しく、冬暖かく、
年月が経つほど味わいも出て、オススメです。





更新日 2015/01/10

衛生機器工事

あけましておめでとうございます。2015年が始まりました。
現場は大詰めを迎えており、今月末の引渡しに向けて順調に進んでいます。




玄関の建具も設置完了です。
白色の外壁に木製の扉が良いバランスです。
コンクリートブロックも塗装はせず素地感を出します。




1階、2階ともにトイレが入りました。
手洗いもシンプルなものにしているためタイルの青色が映えます。




各室も照明器具の設置も完了し木製建具の吊り込みと調整を行っています。
いよいよ終わりが見えてきました。





更新日 2014/12/21

キッチン搬入

今年も残りわずか。終わりが見えてきました。
あとはクロス、建具、照明、外構工事を残すのみとなりました。
外構工事など来年にかかる工事もありますが、クロスと建具は
年内完了の予定です。




玄関扉前にコンクリートブロックを積みます。
沖縄ではよく使われている「花ブロック」というものです。




キッチンも搬入され設置工事も完了しました。
キッチンの扉の色でずいぶんお悩みになられたお施主様でしたが
床やカウンターなどの木質と、良いバランスで仕上がったと思います。




まっ白なクロスに青色のタイルのラインがはいったトイレです。
タイルが良いアクセントになっています。




来月には引き渡しです。
より品質を上げて仕上げていきたいと思います。




更新日 2014/12/14

クロス工事

先週、外観廻りの検査を行い今週の初めに足場を解体しました。
足場がなくなると外壁の白さが際立ちます。



中ではクロス工事が始まりました。壁紙を貼る前の下地処理中です。
ボードの張り合わせ部分や、固定ビスの頭などをパテ埋めして
壁と天井を平滑にしていきます。



シューズクローゼット内の巾木もきれいに納まりました。
足元をスッキリ見せるために框を回さない工夫をしています。



またトイレの中では一部にタイルを貼り、アクセントとしています。
白色の壁紙に青色のタイルがきれいに映えそうです。





更新日 2014/12/08

大工工事完了

今日は朝から気温が低く、冬の到来を感じさせます。
現場では順調に工事が進み、外廻工事も完了し、外壁検査を行いました。




一方室内では大工工事が完了しました。


キッチン廻りやカウンター等の収納棚は部屋に合わせて製作します。
その際、木の温かい雰囲気を出したかったので、ポリ合板の様なシンプルな
ものではなく集成材を使用し木目を強調させてみました。




玄関の手すりがつきました。全体的には白色のイメージですが、
玄関を入って最初に目に入る階段手すりを黒色にしています。



来週からは壁紙と天井クロスを貼っていきます。
クロス貼り終えると中の雰囲気も一変することでしょう。




更新日 2014/11/22

1階床張り工事

外廻りも工事が進みサッシ廻りのシーリングと立上り笠木の
取付工事と樋の取付工事を残すのみです。
来週末、外部廻りの検査を行います。



収納扉のレール部分です。
無垢フローリング材に溝を掘って扉レールを埋込みました。
既製品の扉枠がなくスッキリしました。



LDKの床張りが終わりました。無垢フローリングを使っています。
既製品と比べて温かみもあり、木目もきれいです。
今回のプランはLDKをL字型にしています。
視線が奥まで通るので広く感じます。



玄関廻りも工事が進んでいます。扉枠を取付けました。
金属サイディングの外壁に木製の扉の組合せです。
存在感のある玄関になりそうです。





更新日 2014/11/16

階段工事

外観は玄関廻りを残すのみです。
外壁をホワイトにしているので今日の様に青空だと建物がキレイに映えます。



1階には棚や壁に張るボードなどが搬入されています。
この材料がなくなると床を張っていきます。
もうちょっとかかりそうですね。



先週現場へ行った時は段板を支える部分の工事中でした。
玄関をはいった正面に階段があるのでこの建物の見せ場の1つです。



段板の施工が終わりました。
手前側に鉄製の手すりがつきます。
階段の下は空間があるのでクリスマスツリーなど飾ったりできます。





更新日 2014/11/06

2階床張り工事

今日は雨が降っていたので外壁工事は休みです。
外壁工事もずい分と進み南面を残すのみとなりました。
敷地の間口が広いので建物が大きく見えます。



玄関の上がり框がつきました。保護用の塗装を塗っていますが、
この後ペーパーをかけてもう1度保護塗装を行います。
少し玄関らしくなりました。



2階洋室です。
無垢フローリングを張っています。
床に傷などつけないため床の上にボードを敷いています。



1階の無垢フローリング床材です。
1階は壁のボードや棚など置いてある為、床を張り始めるのはもう少し先です。
どの樹種にするか、ずい分と検討を重ねて決定したので楽しみです。





更新日 2014/10/25

外壁工事

先週末に外壁が搬入され外壁工事が始まりました。
窓廻りに雨が入り込まないように下地の処理をして
昨日から外装を張り始めています。



全ての窓に赤枠のような金物を下地処理しています。
窓廻りからの雨の入り込むのを少しでもなくすために、
上から入ってきた雨を下に流すためのものです。



1階のトイレ内です。
当初はクロスを貼るだけの予定でしたが、それでは寂しいので正面と
右側に1本タイルのラインを入れます。
どんな雰囲気になるか楽しみです。



内装は1階もボードが張られ棚などの造作材も少しずつ施工されています。
既製品の棚ではなく集成材としているので床の無垢フローリングと
調和する計画です。





更新日 2014/09/30

小屋裏断熱

週に1度の定例です。
お施主さんと現場監督と3者で工事の進捗状況や
今後の進め方、材料の確認などを行います。
外部は防水紙が張られこの後、外壁を張っていきます。



内部のほうはユニットバスが入りました。
最初に入ってくるので浴室廻りは先に断熱材を壁に充填します。



外部に面した天井裏に充填する断熱材です。
けっこうフカフカしているので現場に置くと場所をとります。
天井裏と外部に面した壁にすき間なくいれていきます。



2階から小屋裏に断熱材を入れていきます。
屋根が鉄板なので暑さを和らげるため屋根面と天井裏と2重で入れています。
また、天井裏の断熱材も2重です。





更新日 2014/10/15

内装壁ボード

外壁の納品が遅れていますので、ちょっと心配。
大型の台風が近づいているのでしっかり養生をしてもらうように依頼。



1階では断熱材の施工が完了。内装の石膏ボードを施工中です。



そろそろ内装の仕上げ材を最終的に決定してもらう時期にきました。
数週間前からサンプルなどを準備してお施主さんと打合せをしてきました。
今日は床・壁・天井を一式そろえてバランスを見ながら決定しまいきます。



2階は断熱材を入れ終え、天井・壁の石膏ボードも貼り終えるところです。


木製の扉の枠が付いています。
全体的に白を基調にした内装としています。




更新日 2014/09/30

小屋裏断熱

週に1度の定例です。
お施主さんと現場監督と3者で工事の進捗状況や
今後の進め方、材料の確認などを行います。
外部は防水紙が張られこの後、外壁を張っていきます。



内部のほうはユニットバスが入りました。
最初に入ってくるので浴室廻りは先に断熱材を壁に充填します。



外部に面した天井裏に充填する断熱材です。
けっこうフカフカしているので現場に置くと場所をとります。
天井裏と外部に面した壁にすき間なくいれていきます。



2階から小屋裏に断熱材を入れていきます。
屋根が鉄板なので暑さを和らげるため屋根面と天井裏と2重で入れています。
また、天井裏の断熱材も2重です。





更新日 2014/09/22

サッシ取付け

建物の周囲にネットがかけられました。
現場ではちょうどサッシを取付けている最中です。
外壁仕上材を施工する前に建物周囲を構造用合板で張っています。
構造用合板も釘の種類、ピッチなど細かく規定があります。
外壁を張ると構造用合板が隠れてしまうので注意が必要です。




先週、上棟が無事終わり床を張る前に給水、排水管など
事前に施工をしていきます。



筋交いなどには地震など、建物にかかる負担を
受け止められるように金物を設置します。
正しく金物が設置されていないと建物が不安定になります。
とても大事な金物です。



リビング床には断熱材が入りました。
この上に合板を張っていきます。
柱にも防蟻処理がされ蟻の被害を予防します。



取付ける予定のサッシです。
サッシ屋さんが運んでいましたが、複層ガラスは重そうですね。
よろしくお願いします。





更新日 2014/09/13

上棟


本日は上棟です。
天気も良く朝から大工さんフル稼働です。
お施主さんも午前、午後と現場に足を運んでいました。
今までは図面上での打合せばかりでしたが、
現地に形ができてくるとより具体的にイメージできます。



2階部分まで柱、梁など躯体が組上がったので
屋根を固定するための垂木をクレーンで
吊上げています。



先ほど吊上げた垂木を固定した後、耐水合板を敷いているところです。
屋根面と2階天井裏に断熱材をいれて屋根からの熱を和らげます。



1階部分の屋根面です。
地震などで建物が揺れた時に建物が歪まないように
火打材というものを斜めに組み入れます。






更新日 2014/09/02

ベースコン打設


地盤改良を完了し建物の基礎を造っていきます。
地面からの湿気を防ぐ為の透湿防水シートを敷き、鉄筋を組んでいきます。




鉄筋の間隔、鉄筋の径が図面通りとなっているか確認します。
場所により鉄筋の間隔が異なる複雑な構造ですが、正確に組まれています。




基礎の平らの部分を先にコンクリートを打ち、続いて立上りを打っていきます。
以前は木製の型枠を使用していましたが、住宅では鋼製がメジャーに
なっています。設置・撤去ともに短時間で施工が可能です。




基礎の施工している時にトイレ、浴室、キッチン等の給水・排水の必要な箇所に
配管を設置していきます。






更新日 2014/08/28

捨てコン


お盆の連休に入る前に地盤改良工事を行いました。
今回の地盤改良は約2m間隔で直径40cm程度の穴を掘ります。
そこに砕石を充填して振動を加えて締め固めていく、というものです。
砕石のすき間から地下水が逃げていくため、液状化に強いという
特徴があります。
計画地は海が近く、液状化現象が考えられるため今回はこの工法を
採用しました。




穴を掘った中に砕石を充填しているところです。
この後写真左の重機で振動を加えて堅くしていきます。
地面の中には全部で34本の砕石の柱が2m間隔で並んでいます。




地盤改良を行った上に建物の基礎を造っていきます。
地面からの湿気を防ぐため防水シートを建物の下全体に敷きます。



外観の色をあわせているところです。
以前、打合せをして色やテクスチャなどを決めましたが、
現場で建物ができた時をイメージしながら最終確認します。





更新日 2014/08/07

地鎮祭


最初にお話しを頂いたのが去年の12月でした。
そこから土地を探してプラン決定して建物の細かい打合せをして
いよいよ今日が地鎮祭です。
ここからは図面だったものが形になっていきます。
施工会社と協力して良い家を造っていきます。



天気も良く(暑すぎるくらいでしたが)地鎮祭も滞りなく終えることができました。
敷地の四隅にお酒などを撒いて土地を清めます。



神前に玉串をお供えし、工事中の安全などをお参りします。




現状の土地はこんな感じです。
草が生え荒れ放題。地盤改良に入る前にまずは草刈りからです。





吉良の家 トップへ

Copyright (C) 2008 (株)まぎし建築設計事務所.All rights reserved. Homeサイトマップ利用規約お問い合わせ